分析してみよう|事業運営をするなら知っておこう【タブレットレジで業務を効率化】

ROHS分析で人体に有害な物質から身を守ろう

分析してみよう

女性

セット分析

セット分析とは、ROHS分析をする際に数種類の特定物質を調べる方法です。カドミウム・鉛・水銀・六価クロムが含まれているか分析するときは、4つの種類を分析するセットプランを選びましょう。料金は15000円程度で依頼することができます。4つの物質以外にも、6つの物質を調べるセット価格もあります。分析結果を納期するまでの期間はおよそ、8営業日と言われているため、依頼する場合はなるべく時間に余裕を持って依頼した方が良いでしょう。

個別で分析する

セット分析ではなく、個別でROHS分析の依頼をしたいという場合は個別プランを利用してみてください。臭素系難燃剤や総クロムという物質が入っていないかも確認することができます。個別で依頼する場合は、分析項目や数によって基本額が変わってしまいます。そのため、依頼する前におおよその料金を確認しておきましょう。

人体に影響を与える物質ランキング

no.1

特定臭素系難燃剤

1位に選ばれたのは、特定臭素系難燃剤で甲状腺ホルモンのかく乱作用催奇形性などの影響が現れます。特定臭素系難燃剤PBDEは、ダイオキシンに似た毒性があると言われています。

no.2

カドミウム

2位に選ばれたのは、カドミウムで多くの人が知っているイタイイタイ病の原因とも言われています。その他にも、肺気腫や衰弱、腎障害の原因にもなってしまうと言われています。

no.3

六価クロム

3位に選ばれたのは、六価クロムで皮膚や粘膜に影響を及ぼします。また、気管支炎や肺がんの原因になってしまうこともあるのです。ネジ類のサビ止めに使われているためしっかりと分析検査をしておきましょう。

no.4

水銀

4位に選ばれたのは、蛍光灯やガラス管内に入っていることが多い水銀です。水銀は肺水腫や運動失調、皮膚や目に刺激を与えてしまう原因の一つです。腎障害を患う人もいます。

no.5

5位に選ばれたのは、鉛で四肢の麻痺や貧血・食欲不振といった症状が現れます。電気製品を作るときに使われており、低温度で溶けるため使いやすいと言われていました。